40代 妊娠 確率

40代不妊サプリ高齢出産年齢40代でも妊娠確率卵巣年齢は上がります!

高齢出産年齢は35歳以上で、この年齢から妊娠を希望する場合、自然妊娠の確率は低くなってしまっているので体内環境を整えるなどの根本的なケアが必要となります。

 

高齢出産年齢の始まりである35歳でも妊娠確率は低いのですから、40代ともなれば自然妊娠の確率はさらに低く、40代前半女性の妊娠確率は30%と言われています。

 

40代での妊娠は絶望的かと言われるとそうではなく、確率は低いものの30%も希望が残っている状況であると言えますから、卵巣の働きを高める為に卵巣年齢を若返らせる為のケアを行うなどすれば、妊娠確率は30%から上げる事が出来ますし、ケアに励んで妊娠に至った40代女性は少なくありません。

 

40代の妊娠確率を上げる効果に期待出来るサプリと言えば、40代不妊サプリのプレグルで、プレグルには子宮内膜症を予防し不妊予防に繋がると発表され、大きな話題を呼んだ成分のヴィネアトロールが配合されています。

 

ヴィネアトロールの効果で、ミトコンドリアが活性化するだけでなく増加する事も分かっています。

 

高齢妊娠を希望しているのであれば、ミトコンドリアの活性化も増加も必要不可欠で、これらが活性化・増加する事で老化の進んだ卵子を若返らせ着床確率アップに貢献してくれます。

 

卵子の質を上げる為の治療などもありますが、その治療には沢山のお金が掛かりますし、副作用などの心配も出てきます。

 

プレグルには、副作用を引き起こす原因となる成分などは配合されていないので、副作用に悩まされる事はありません。

 

プレグルには、卵巣年齢を上げる原因となっている冷えの症状を緩和する効果のある成分も配合されていて、その成分の効果で血流を良くし卵巣年齢が上がってしまうのを防いでくれます。

 

血流を良くして冷えを改善させ体を温めると言う事も、妊娠確率アップに必要な事です。

 

プレグルには女性の体に優しく作用する成分が豊富に配合されていて、それらの成分の効果で妊娠確率がアップし40代での妊娠を力強くサポートしてくれます。